日本空港ビルデング株式会社

ラディクール販売事業

ゼロエネルギーで物体を冷やす、世界初の放射冷却材「ラディクール」を国内外に向けて販売中

「ラディクール」は太陽光を反射し、自然現象の放射冷却を用いて室内の熱も放射することで、エネルギーを使わず室温を下げられる地球環境にやさしい製品として空港内のボーディングブリッジほか、駐車場の連絡通路などに導入し効果を上げています。また導入後も販売代理店として他空港や病院などに販売を行っております。

自然現象の放射冷却を利用

世界初の放射冷却剤「ラディクール」は自然現象の放射冷却を用いて、エネルギーを使わずに内部の熱を放射していきます。カーボンニュートラル・脱炭素社会の実現に協力していきます。

暑さだけではない様々な効果・問題を削減

「ラディクール」を導入いただくことで、空調設備などの建物内エネルギーが削減され、電気料金、CO2排出量も削減されます。また、電気関連機器に対する、熱さによる故障およびエラー発生のリスクを低減。さらに炎天下での人々の暑さに対する負担の軽減によりヒューマンエラーを未然に防ぎます。

様々な場所・施設にも対応

ラディクールはフィルム(シルバー・透明)だけではなく塗料タイプもあり、屋根やガラス面など、様々な場所で活用いただけます。

ご案内動画
(製品概要およびご導入社様の声)